ここから本文です

1年ちょいのラグビー歴で聖地に立った。千葉大・加藤洸輝のラグビー熱、高まる。

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン) 6月27日(月)10時10分配信

 ラグビー部に入って1年ちょっとで秩父宮ラグビー場のピッチに立った。千葉大4年の加藤洸輝が同部に入ったのは大学3年になったときだ。その年の春、木更津工業高専から同大学の工学部メディカルシステム工学科(3年)へ編入。ラグビーも始めた。

モスグリーンのソックス躍る! 関東大学オールスターで大東大勢が光ったわけ。

 6月26日。秩父宮ラグビー場でおこなわれた第4回関東大学オールスターの一部、セブンズのリーグ戦3部選抜×リーグ戦4部選抜に出場した。試合後、笑顔で発した言葉は「最高の気分」。チームに出場選手派遣の要請が届き、「4年生を」という方針でスピード豊かな加藤に出番がまわってきた。
「(ピッチに立つと)気持ちが引き締まりました。楽しめた」
 幸運の舞台をそう回想した。

 3歳の時から20歳まで、サッカー一本の人生だった。父がコーチを務める南房総スフィーレFCで基礎を築き、千倉中学サッカー部、高専サッカー部で活躍。そんな生活が大きく変わったのは、木更津工業高専5年時、ラグビー部の試合に助っ人として出場したのがキッカケだ。
「サッカー部でキックができるということでFBをやらせてもらったんです。その試合で経験したラグビーが楽しくて、楽しくて。激しくコンタクトしていいところが性に合った」
 だから千葉大入学と同時に、まるいボールより楕円球を追う道を歩もうと決心をした。

 ラグビーのことを知れば知るほど、このスポーツが自分と波長が合うことに気づく。
 みんなでコミュニケーションをとりながらのディフェンス。個々に任されたタックル。その両方に求められる責任感がたまらない。
「ラグビーの人たちの暑苦しいぐらいの熱さも好きなんです。サッカーでも、どんなスポーツでも、ワン・フォー・オール、オール・フォー・ワンの気持ちはあるんだけど、それが他のスポーツより濃い」
 ラグビー歴は浅くとも、楕円球への愛はどんどん深くなっている。

 クラブは現在21名の部員。毎週4回の練習(試合があれば週5回の活動)を積んで、実力を蓄えている。加藤自身、大学院への進学を考えているものの、最上級生として今季に勝負をかける気持ちは強い。
 昨季はリーグ戦4部で3勝4敗、6位と、下位リーグとの入替戦への出場を逃れたものの、上位リーグへの挑戦権も得られなかった。秩父宮で得た経験を持ち帰り、仲間とともにもっと高みを目指す。

最終更新:6月27日(月)10時10分

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)