ここから本文です

守屋宏紀、全英2年連続本戦入り逃すも「まだまだこれから」<男子テニス>

tennis365.net 6月27日(月)8時29分配信

ウィンブルドン

24日に行われたテニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)男子シングルス予選3回戦で予選第28シードのD・ノビコブ(アメリカ)に逆転で敗れ、惜しくも2年連続の本戦入りを逃した守屋宏紀(日本)。tennis365.netは26日、守屋に独占インタビューし、現在の心境などを聞いた。

錦織vsグロス 1ゲーム速報

今大会の予選3回戦については「ファースト(セット)はいい流れで取ることが出来た。けど、相手が変則的なプレーも入れてきたので、最後まで流れを引き寄せることが出来なかった」と悔やんだ守屋は、ノビコブに6-2, 2-6, 3-6, 2-6で逆転を許した。

昨年は予選3試合を勝ち抜き、1回戦で2014年の全米オープン覇者であるM・チリッチ(クロアチア)にストレートで敗れるも、第3セットはタイブレークまで持ち込む健闘を見せた。

今年の4月からスペイン人のコーチをつけている守屋は「新たな刺激と変化を求めるためにやっている。まだまだこれからです」と更なる飛躍を誓い、今後の目標は「トップ100に入ること。そうすれば出れる大会も多くなる」と話した。

最後に日本のテニスファンに向けて「自分も大きなニュースに取り上げてもらえるように日々頑張っているので、是非応援していただきたいと思います」と述べた。

守屋は2012年の全米オープンで初のグランドスラム本戦入り、その年のタイ・オープンではR・ハーセ(オランダ)を下してツアー初勝利。さらに楽天ジャパン・オープンではS・ワウリンカ(スイス)とフルセットの戦いを演じた。

2014年には下部大会のチャレンジャーで初優勝を飾り、世界ランキングの自己最高は2015年の143位。

tennis365.net

最終更新:6月27日(月)8時29分

tennis365.net