ここから本文です

広島松山、相手失策でのサヨナラ劇でお立ち台に 9連勝に「負ける気しない」

Full-Count 6月27日(月)7時31分配信

「正直やってしまった」も阪神外野手が交錯&落球、「交流戦が大きかった」

 広島の松山竜平が、26日の阪神戦で9回に代打で出場し、相手失策によるサヨナラ劇を演出してお立ち台に立った。思わぬ展開でのヒーローインタビューで、松山は「チームが乗っているので、どんどん勝ち進んで優勝へ突き進んでいきたい」と喜んだ。

広島、過去10年のドラフト指名選手一覧

 9回裏に會澤のタイムリーで同点に追いつき、なおも2死満塁の場面。試合は振り出しに戻り、ピッチャーも左の岩貞から右のドリスに代わっていた。

「自分の気持ちとしては楽になれたが、打席に立つとやっぱりキツかった」という松山は、「正直やってしまった、と思った」と左中間にフライを打ち上げた。これをセンターの中谷がキャッチするかに見えたが、打球を追ってきたレフトの俊介と激突し、中谷のグラブからボールがこぼれ落ちてサヨナラ劇となった。

「勢いに乗っているので、負ける気がしない」というチームは、これで9連勝となった。この日は岩貞に終盤まで抑えられていたが、松山は「1安打でも負ける気がしなかった。交流戦(での戦いぶり)が大きかったかもしれない」と、チームの勢いを感じている様子だった。

大久保泰伸●文 text by Yasunobu Okubo

最終更新:6月27日(月)7時33分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合10月2日(日)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。