ここから本文です

見た目変わるも「愛」は変わらず。横浜商科大・吉村政昭、思い出の聖地を駆ける。

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン) 6/27(月) 10:14配信

 ちよんまげ頭の背番号3は、猛タックルを繰り出し、力強く駆けた。6月26日に秩父宮ラグビー場。第4回関東大学オールスターの一部としておこなわれた、セブンズのリーグ戦5部選抜×リーグ戦6部選抜の試合でのことだ。6部選抜の吉村は、独特のヘアスタイルで、確かなプレーを見せた。

指揮官、レフリングに失望。ジャパン、スコットランドに16-21と惜敗。

 久々の秩父宮だった。目黒学院高校時代、ここで笑い、泣いた。高校2年時は同期のテビタ・タタフ、アタアタ・モエアキオラらとともに花園出場を決めた。3年時、全国大会への夢がついえるラストゲームの場所に。そんな思い出の地で横浜商科大の2年生は、「下から盛り上げようという気持ちでやりました」。上級生たちとともに楽しそうだった。

 頭の両側を刈り上げ、真ん中はロン毛。それを束ねる。「サムライが好きなので」とは本当か嘘か分からない。「高校時代はこんな髪型できなかったので、いまノビノビしています」と笑った。
 厳しい練習に明け暮れた目黒学院時代と見た目は大きく変わった。しかし、ラグビーを愛する気持ちは変わらない。当時、勝ちたい、勝ちたいと思っていた気持ちを、「楽しもう」に大きく傾けている。前日のジャパン×スコットランドも味の素スタジアムへ観戦に出掛けた。

 現在は横浜商科大学ラグビー部に所属しているが、部員が10人しかいないため、同部単独での活動ではセブンズでの上位進出を目標としている。15人制でのプレーの場はグリフォンズ。こちらは部員不足等の同じ境遇のいくつかの大学が集まって成り立っているクラブだ。
 合同チームのため公式戦を戦うことはできないけれど、「練習試合が僕らの公式戦」というスタンスで、一つひとつのゲームに真剣に取り組んでいる。全員で試合の準備をして、真剣に取り組み、全力で戦いに臨むことは、なんら公式戦と変わりない。それでも戦いの足跡が公式記録には残ることはないが、それらは一人ひとりの記憶に仲間との時間として刻まれる。グリフォンズに参加している誰もが、そんなところが気に入っているし、それは吉村も同じ。だから、いまも楽しくラグビーを続けている。

 試合後はシャワーを浴び、ビシッとスーツで決めていた。濡れた髪を下ろしていると夜の街が似合いそうな風貌。しかし、ラグビーへの気持ちには熱がある。
 2019年のワールドカップに向けて、ラグビー界が盛り上がれば嬉しい。自分も普段の生活の中で、やれることをやっていく。

最終更新:6/27(月) 10:14

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)