ここから本文です

インテルが絶対的エースの売却を検討中 代役はマンチーニの教え子に

theWORLD(ザ・ワールド) 6/27(月) 11:10配信

4000万ユーロ以上のオファーが届けば売却も

今夏の市場で大きな注目を集める選手の1人となっているインテルFWマウロ・イカルディは、クラブにとって絶対に欠かせない選手の1人だった。しかし、インテルはイカルディ放出時の代役を見つけたようだ。

伊『Gazzetta dello Sport』によると、インテルが目をつけているのは今季ローマで苦しいシーズンを過ごしたFWエディン・ジェコだ。ジェコといえばインテル指揮官ロベルト・マンチーニとともにマンチェスター・シティで仕事をした経験があり、互いのことをよく理解しているだろう。

インテルはイカルディに4000万ユーロ以上のオファーが届けば売却を考慮するようで、売却時はジェコ獲得に動くことになると見られている。ジェコは非常に苦しいセリエA1年目を過ごしたが、能力の高さはこれまでのキャリアで実証済みだ。イカルディほどではないとしても、それなりの活躍が期待できるだろう。

今夏インテルは他にもジェイソン・ムリージョやマルセロ・ブロゾビッチなどが放出されるのではと言われているが、イカルディまで売却すればチームは大きく変わることになりそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6/27(月) 11:10

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報