ここから本文です

0系新幹線?の運転体験ツアー、予土線で10月開催 JR四国

乗りものニュース 6月27日(月)17時38分配信

1日目に訓練、2日目に体験

 JR四国は2016年6月27日(月)、0系新幹線を模したキハ32形ディーゼルカー「鉄道ホビートレイン」の運転体験ができるツアーを実施すると発表しました。

 日程は1泊2日。場所は予土線の土佐大正駅(高知県四万十町)です。ツアーでは、1日目に運転法規や車両構造、機器操作などを学び、翌2日目に、駅構内の線路およそ100mを1往復運転します。

 10月21日(金)から22日(土)の第1クルーと、22日(土)から23日(日)の第2クルーを募集。定員は各クルー14人、合計28人です。応募資格は中学生を除く15歳以上。参加費用は1人2万円~2万1000円です(土佐大正駅までは各自負担)。費用には講習費や宿泊費(1泊2食)、保険料などが含まれます。参加申し込みは7月11日(月)から8月10日(水)までのあいだ、専用メールアドレスで受付。応募多数の場合、参加者は抽選で決定されます。

乗りものニュース編集部

最終更新:6月29日(水)10時5分

乗りものニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]