ここから本文です

[速報COPA32]メッシがまさかのPK失敗…… 大荒れの“リバイバル”を制したチリが連覇達成

theWORLD(ザ・ワールド) 6月27日(月)12時9分配信

前半戦で10人と10人の戦いに

決勝戦 アルゼンチン 0-0(PK:2-4) チリ
2016年6月26日 /イースト・ラザフォード/ 現地21時キックオフ

遂にクライマックスを迎えたコパ・アメリカの100周年記念大会。決勝戦は昨年と同じく、アルゼンチンとチリが対戦した。

昨年の雪辱を果たすため、グループリーグから圧倒的な戦績で決勝戦に駒を進めたアルゼンチンと、昨年の大会初優勝から連覇を狙うチリによる一戦。試合はキックオフから13秒で際どいシュートを放ったアルゼンチンに対し、チリもその後は激しい守備によりアルゼンチンに攻撃の形を作らせない。

しかし28分、“激しすぎた”ために試合が大きく動く。アルゼンチンはリオネル・メッシが右サイドでドリブルを敢行すると、チリのマルセロ・ディアスは堪らずファールで対応。主審はディアスにこの日2枚目のイエローカードを提示し、チリは28分から10人での戦いを強いられる。しかし、その後もアルゼンチンDFマスチェラーノとチリMFビダルの小競り合いから両者に警告が出るなど荒れた展開になると、前半終了間際にはそのビダルに対して真後ろからスライディングタックルで接触したアルゼンチンDFロホが一発退場。100周年記念大会の決勝戦は両者1人ずつ退場者を出して前半を終えた。

0-0で迎えた後半戦、MFサンチェスが起点となった崩しからチリが先にチャンスを作り出すと、アルゼンチンはメッシの個人技から次々とセットプレイを獲得するなど、両チームの大黒柱が決勝戦でも輝きを放つ。しかし後半もシュートシーンが少ないまま時間が進み、70分にはアルゼンチンがFWアグエロを投入するが最後まで得点が生まれず、延長戦に突入する。

延長戦では互いのゴールキーパーに見せ場が訪れた。99分、チリは左サイドからのクロスボールにFWバルガスがヘディングシュートでゴールを狙うも、アルゼンチンGKロメロは至近距離から放たれたシュートをキャッチで抑える。その1分後にはアルゼンチンがセットプレイのチャンスを得て、アグエロがヘディングシュートを放つが、今度はチリGKブラーボがファインセーブで得点を許さない。結果、試合は120分で決着がつかず、昨年と同じカードの決勝戦は昨年と同じくPK戦で優勝国が決まることになった。

PK戦、先行のチリは1人目のビダルが失敗。しかしアルゼンチンもメッシが枠を捉えきれず、両者とも1人目のキッカーは失敗に終わる。その後、チリが3人連続成功したのに対し、アルゼンチン4人目のキッカーであるルーカス・ビリアはGKブラーボのセーブに遭って失敗。チリは“決めれば優勝”となる5人目のシルバも冷静にネットを揺らし、大会連覇を決めた。

昨年に続いて再びPK戦で敗れたアルゼンチン。2014年のワールドカップ、2015年のコパ・アメリカに続いて3年連続で決勝戦を戦ったが、またしてもタイトルを逃してしまった。対するチリは地元開催の2015年大会で初めてコパ・アメリカを制してから1年、今度はアメリカで優勝を果たし、昨年の優勝が勢いだけではないことを証明した。

[アルゼンチン代表]

監督 ヘラルド・マルティーノ

GK
セルヒオ・ロメロ(マンチェスターユナイテッド/イングランド)
DF
ガブリエル・メルカド(リーベル・プレート)
ニコラス・オタメンディ(マンチェスターシティ/イングランド)
ラミロ・フネス・モリ(エヴァートン/イングランド)
マルコス・ロホ(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)
MF
ハビエル・マスチェラーノ(バルセロナ/スペイン)
ルーカス・ビリア(ラツィオ/イタリア)
エベル・バネガ(セビージャ/スペイン)
FW
アンヘル・ディ・マリア(パリ・サンジェルマン/フランス)
リオネル・メッシ(バルセロナ/スペイン)
ゴンサロ・イグアイン(ナポリ/イタリア

交代出場
57分 MFマティアス・クラネビッテル(アトレティコ・マドリード/スペイン)
(OUT アンヘル・ディ・マリア)
70分 FWセルヒオ・アグエロ(マンチェスター・シティ/イングランド)
(OUT ゴンサロ・イグアイン)
111分 MFエリク・ラメラ(トッテナム/イングランド)
(OUT エベル・バネガ)

[チリ代表]
監督 ファン・アントニオ・ピッツィ

GK
クラウディオ・ブラーボ(バルセロナ / スペイン)
DF
マウリシオ・イスラ(マルセイユ / フランス)
ガリー・メデル(インテル / イタリア)
ゴンサロ・ハラ(ウニベルシダ・デ・チリ)
ジャン・ボセジュール(コロコロ)
MF
チャルレス・アランギス(レヴァークーゼン / ドイツ)
マルセロ・ディアス(セルタ/スペイン)
アルトゥーロ・ビダル(バイエルン/ドイツ)
FW
ホセ・ペドロ・フエンサリダ(ウニベルシダ・カトリカ)
エドゥアルド・バルガス(ホッフェンハイム/ドイツ)
アレクシス・サンチェス(アーセナル/イングランド)

交代出場
80分 MFエドソン・プッチ(LDUキト / エクアドル)
(OUT ホセ・ペドロ・フエンサリダ)
104分 MFフランシスコ・シルバ(チアパス / メキシコ)
(OUT アレクシス・サンチェス)
109分 FWニコラス・カスティージョ(ウニベルシダ・カトリカ)
(OUT エドゥアルド・バルガス)

※所属チームは、2015/16シーズンです。

theWORLD(ザ・ワールド)は、
コパ・アメリカおよびEURO2016の全83試合を速報します!
参加全40ヵ国を網羅した無料電子マガジンも好評配信中。
http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:6月27日(月)12時52分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]