ここから本文です

絶滅寸前のフィリピンワシ、繁殖成功も危機続く

AFPBB News 6/27(月) 16:37配信

(c)AFPBB News

【6月27日 AFP】小さな翼をぎこちなく動かし、大きくさえずりながら、まだ羽根のまばらなヒナが殻から出てくる。絶滅の危機に瀕しているフィリピンワシの、非常に珍しいふ化の瞬間だ。熱帯雨林の破壊と容赦のない狩猟が、世界最大級の大きさと強さを誇るこの鳥の個体数を、大きく減少させている。そんな中、保護団体「フィリピンワシ基金(Philippine Eagle Foundation)」が、繁殖や子どもたちへの教育を行い、フィリピンワシを絶滅から救おうとしている。2月4日、14日撮影。(c)AFPBB News

最終更新:6/27(月) 17:16

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

うん、核融合炉を作ったよ
核融合こそ未来のエネルギー問題への答えであり、子どもにだって世界は変えられる、テイラー・ウィルソンはそう信じています。そして彼はそのどちらにも取り組んでいます。14歳の時に家のガレージで核融合炉を作り、17歳となった今、直前の依頼に応えてTEDのステージで自分の物語を(手短に)語っています。