ここから本文です

【MLB】元阪神マートンの今 地元紙に明かした、“阪神愛”とメジャー復帰への想い

Full-Count 6月27日(月)12時23分配信

カブス傘下3Aアイオワで打率.333と奮闘中、昇格のチャンス待つマートン

 カブス傘下3Aアイオワでプレーする元阪神のマット・マートン外野手について、地元メディアが特集を組んでいる。日本では6年間で通算打率.310の好成績をマークし、虎ファンからも愛された好打者は、今季から米球界に復帰。08年途中まで所属したカブスの傘下アイオワで、ロッキーズ時代の09年以来となるメジャー昇格を目指して奮闘中だ。アイオワ・カブスの本拠地デモインの地元紙「デモイン・レジスター」の取材に対して、今も持ち続ける“阪神愛”、そしてメジャー昇格への意気込みを明かしている。

日本人最高は? 衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 マートンは昨季限りで阪神を退団。カブスとマイナー契約を結び、招待選手としてメジャーキャンプに参加した。しかし、虫垂炎で一時離脱するなど不運もあり、5試合で打率.444を残しながら開幕メジャーはならず。アイオワでは川崎宗則内野手ともチームメートで、ここまで43試合出場で打率.333、1本塁打、23打点と好成績をマークし、昇格のチャンスを待っている。

 記事では「彼は今、メジャー復帰を目指すベテラン選手だ」と説明しつつ、「アイオワ・カブスはマートンをよく見極めなければならない」とも指摘。34歳という年齢がネックの1つになることは間違いない。また、現在メジャー最強とも言われるカブスがナ・リーグ最高勝率を誇っているため、たとえマートンが3Aで好成績でも、チャンスは限られている。ただ、けが人が出た時には昇格候補として地元メディアでマートンの名前が挙がったこともある。

 マートンは05年にカブスでメジャーデビューし、翌06年には144試合出場で打率.297とブレークした。しかし、その後は徐々にメジャーでの出場機会を失い、アスレチックス、ロッキーズと渡り歩いて、10年に阪神に加入。初年度にいきなりシーズン214安打の日本記録(当時)をマークすると、14年には打率.338で首位打者に輝くなど、阪神に欠かせない存在となった。

1/2ページ

最終更新:6月27日(月)12時30分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]