ここから本文です

西岡良仁 初戦ストレート負け、全英初勝利ならず<男子テニス>

tennis365.net 6月27日(月)21時24分配信

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は大会初日の27日、男子シングルス1回戦が行われ、予選を勝ち抜いた世界ランク122位の西岡良仁(日本)は同94位のS・スタコフスキ(ウクライナ)に3-6, 4-6, 4-6のストレートで敗れ、大会初勝利とはならなかった。

錦織vsグロス 1ゲーム速報

この試合、西岡はスタコフスキに19本ものサービスエースを叩き込まれて主導権を握られ、1度のブレークに成功するも4度のブレークを許し、1時間27分で敗れた。

西岡は今回厳しい予選3試合を勝ち抜いて大会初の本戦出場を果たし、グランドスラム全4大会で本戦入りを果たしていた。

昨年の全米オープンでは初戦で元世界ランク12位のP・H・マチュー(フランス)をフルセットで破り、グランドスラム初勝利をあげた。

一方、勝利したスタコフスキは2回戦で、第9シードのM・チリッチ(クロアチア)とB・ベイカー(アメリカ)の勝者と対戦する。30歳のスタコフスキは、2013年のウィンブルドン2回戦でR・フェデラー(スイス)を破る大番狂わせを演じ、サーブ・アンド・ボレーを得意としている。

tennis365.net

最終更新:6月27日(月)21時24分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。