ここから本文です

北米遠征中の四国IL選抜、2試合連続サヨナラ負け 4連敗で6勝9敗に

Full-Count 6/27(月) 14:05配信

「7勝目」へ生みの苦しみ、エース正田が2回までに4失点

 四国アイランドリーグplus ALL STARSとトロワリヴィエール・エーグルスとの3連戦第2戦は、現地時間6月25日18時5分(日本時間6月26日7時5分)よりカナダ・ケベック州のスタッド・フェルナンド・ベタールで行われた。結果は4-5の2試合連続サヨナラ負けで4連敗。通算成績は6勝9敗となった。

独立リーグからの指名選手も…過去10年の各球団ドラフト指名選手一覧

 負の連鎖は今日も止めることはできなかった。連敗を止めるべくトロワリヴィエール・エーグルスの3連戦第2戦のマウンドに登ったのは正田樹(愛媛マンダリンパイレーツ)。だが、勢いに乗るトロワヴィエール・エーグルス打線を止めることができない。初回に3連打を浴び無死満塁のピンチを招くと、押し出し四球で先制を許す。さらに2回裏にも、被安打3本、2失策などが絡み一気に3失点。2回裏で4点のビハインド。誰もが大敗を覚悟する展開である。

 だが「カブキJAPAN」は5回表、この試合から先発復帰した7番・河田直人(高知ファイティングドッグス)が右横線を破る二塁打。続く鶴田都貴(愛媛マンダリンパイレーツ)も初球を打って左前適時打とすると、1死二、三塁から2番・林敬宏(愛媛マンダリンパイレーツ)の内野ゴロと、2死三塁から3番・松澤裕介(香川オリーブガイナーズ)の振り逃げで3-4。一気に試合の趨勢は彼らに傾く。

一時は同点に追いつくも…連日のサヨナラ負けにガックリ

 さらに6回表、6番・宗雪将司(香川オリーブガイナーズ)のライトフェンス直撃二塁打から始まり、2死二塁から平間隼人(徳島インディゴソックス)の右前適時打でついに同点とした。2回まで4点を取られた正田も、速球・変化球をコーナーへ投げ分ける丁寧なピッチング。7回まで被安打9本を打たれながらも、2回以降は無失点で切り抜け、7回4失点で降板した。

 ただ、最後の歯車が噛み合わなかった。8回裏には岸本淳希(香川オリーブガイナーズ)が無失点で切り抜けるものの、9回表、宗雪の連続二塁打で作った無死二塁のチャンスは後続が倒れ勝ち越しならず。9回裏。抑えの守護神・平良成(高知ファイティングドッグス)がマウンドに登ったが、1死一、二塁から相手4番にショートの頭を超える痛烈な中前安打を浴び、4-5で連日のサヨナラ負け。「四国アイランドリーグplus ALL STARS」はガックリと肩を落とした。

 これも生みの苦しみか、「7勝目」が本当に遠い。昨年より、いや、今年は試合を追うごとにチームとして戦えている。だからこそ正に「壁」。そこを打ち破るのが自分たちしかいないことも事実である。

 トロワリヴィエール・エーグルスとの3連戦最終戦は、現地時間6月26日13時(日本時間6月26日2時)より行われる予定である。

四国アイランドリーグplus ALL STARS
000 031 000 | 4
130 000 001x | 5
トロワリヴィエール・エーグルス

四国アイランドリーグplus ALL STARS:正田、岸本、平良-鶴田、垂井
トロワリヴィエール・エーグルス:Blanchette、Alvarez、DowningーGravel、Lafrenz

1/2ページ

最終更新:6/27(月) 14:05

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。