ここから本文です

奈良くるみ 全英3年連続の初戦突破、フルセットで勝利<女子テニス>

tennis365.net 6月27日(月)22時14分配信

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は大会初日の27日、女子シングルス1回戦が行われ、世界ランク93位の奈良くるみ(日本)が同58位のM・ブレングル(アメリカ)を6-2, 6-7 (5-7), 6-3のフルセットで下し、3年連続の初戦突破を果たした。

錦織vsグロス 1ゲーム速報

この試合、奈良は第1セットの序盤から主導権を握り第2ゲームで早くもブレークに成功し、このセットを先取。第2セットではブレングルに先にブレークを許すも、第10ゲームでブレークバックし、タイブレークに突入する。しかし、このセットをカウント5-7で落として勝敗はファイナルセットへもつれ込む。

その後、ファイナルセットに入ってから更にギアを上げた奈良は4度のブレークに成功。ブレングルを圧倒し、2時間20分で勝利を手にした。

しかし試合終了後、奈良は緊張の糸がほどけたように膝から崩れ落ち、立ち上がれない場面も見られた。

今回の勝利により、奈良は対ブレングル戦を3勝1敗とした。

2回戦では、同日の試合で第25シードのI・C・ベグ(ルーマニア)を下した世界ランク109位のC・ウィットフェフト(ドイツ)と対戦する。

奈良は今季、芝シーズンに入ってから早期敗退が相次いでいたが、今大会で調子を取り戻している。

tennis365.net

最終更新:6月27日(月)22時14分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。