ここから本文です

強すぎたドイツにスロバキア指揮官もお手上げ「彼らに問題を生じさせることはできなかった」

theWORLD(ザ・ワールド) 6月27日(月)17時46分配信

抵抗するも……

この日のドイツに勝つのはスロバキアにとって少々難しすぎたようだ。

26日、EURO2016ラウンド16の舞台でドイツと対戦したスロバキア。大会直前のテストマッチでは勝利していたが、この日はドイツが好調だったこともあり、0-3の完敗に終わった。スロバキアを率いるヤン・コザーク監督もお手上げといった様子だ。試合後、同監督のコメントを独『Sport Bild』が伝えた。

「ドイツはトーナメントチームだ。いつ調子を上げればいいかわかっている。我々は彼らに賛辞を贈らなければならない。彼らは開始早々にゴールを挙げて、素晴らしかったね。我々も抵抗したが、彼らに問題を生じさせることはできなかった。それでも我々は4試合を戦えたし、素晴らしい大会だったと思う」

スロバキアもセットプレイやカウンターでゴールを脅かすことはあったが、結局最後までノイアーの牙城は崩せなかった。それでも懸命にゴールを目指し、ひたむきに戦ったスロバキアには拍手を送りたい。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月27日(月)17時46分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。