ここから本文です

西武金子侑、“新背番号”で躍動 ユニホーム忘れるも…2点打含むマルチ安打

Full-Count 6月27日(月)20時48分配信

背番号2のユニホーム忘れ、荒川ブルペン捕手の背番号93を借りて出場

 西武の金子侑司内野手が27日、“新背番号”で奮闘した。

 日本ハム戦(札幌ドーム)で「2番・三塁」でスタメン出場。プロ1年目の13年から付ける背番号2のユニホームを忘れ、荒川ブルペン捕手の背番号93を借りて出場した。

 少し大きめのユニホーム。初回1死の左前安打でメヒアの先制3ランを呼び込むと、2点リードの6回2死一、三塁では左腕・加藤の内角いっぱいの直球を左翼線2点二塁打とした。

 2試合ぶりのマルチ安打。ここ6試合で4度目の複数安打だ。ユニホームが変わっても、好調なバットは変わらなかった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月27日(月)20時48分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。