ここから本文です

復活果たしたM・ゴメス、ブンデス復帰を否定せず「すべてはオープン」

theWORLD(ザ・ワールド) 6/27(月) 20:10配信

去就はEURO終了後に決着か

ベシクタシュに所属するドイツ代表FWマリオ・ゴメスが今夏移籍する可能性が高まっている。

昨季ベシクタシュで得点王となる活躍を見せ、現在行われているEURO2016でもドイツ代表のストライカーとして定位置をつかんでいるゴメス。それだけに、ブンデスリーガのクラブが同選手の獲得を狙っているという噂が流れており、本人もその可能性を否定していない。独『Bild』がコメントを伝えた。

「すべてはオープンだ。何も除外しないよ。フットボールの世界では素早く変化するし、想像できないことが起こる。話し合いは歓迎だが、EUROが終わったあとだね」

決定力がさび付いていないことをフランスの地でも証明しているゴメスだけに、来季はドイツで見ることができるかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6/27(月) 20:10

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]