ここから本文です

代表初ゴールが決勝点になったボアテング「自分のゴールがチームを救うと言っていた」

theWORLD(ザ・ワールド) 6月27日(月)20時30分配信

スタッフにも感謝

ドイツ代表DFジェローム・ボアテングがうれしい代表初ゴールを記録した。

26日、EURO2016ラウンド16の舞台でスロバキアと対戦したドイツ。試合は3-0の快勝で終わったが、それは前半開始早々にボアテングの素晴らしいミドルシュートが炸裂したことによるところが大きい。これが同選手の代表キャリア初ゴールとなり、決勝点ともなった。試合後、ボアテングは喜びを語っている。独『Sport Bild』がコメントを伝えた。

「ゴールを決められてうれしいよ。僕のゴールがチームを救うと言っていたんだ。でもそれよりチームが素晴らしいプレイをしたことのほうがうれしいね。それにドクターやフィジオは僕が出られるかわからなかったのに、全力を注いでくれた」

怪我明けということもあり、72分にピッチを退いたボアテング。得点がなくともピッチでは攻守に圧倒的な存在感を見せていただけに得点を取り、さらに調子が上向いているというのはドイツにとって喜ばしいことだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月27日(月)20時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。