ここから本文です

日ハム栗山監督、中田に代打の理由は「腰の張り」 本人は「何とも思わない」

Full-Count 6/27(月) 22:36配信

勝負どころで中田に代打を送り逆転勝ち、「腰の張り。これ以上でも以下でもない」

 日本ハムの栗山英樹監督が27日、中田翔内野手へ代打を送った理由について、「腰の張り」と話すにとどめた。

日本ハム、過去10年のドラフト指名選手一覧

 中田は西武戦(札幌ドーム)で「4番・一塁」でスタメン。しかし、2点差に迫った7回2死一、二塁で代打・矢野を送られた。試合後、栗山監督は中田交代の理由を明かした。

「腰の張りです。腰の張り。これ以上でも以下でもない。あの回で腰が張っているという報告があったので。腰が張っているんだから仕方ない。こちらに選択権がないんだから」

 チームは、この荒療治から打線が奮起。打者10人4安打の猛攻で一挙5点を奪って逆転勝ち。今季初の5連勝を飾った。指揮官が不動の4番と信頼する中田のコンディションが悪いのであれば、心配される。

 栗山監督は「明日以降は分からない。全員が機能するように考えるのが大事。状況もあるので。色んなパターンを考えている。状況を見て決める」と話した。

 試合後、中田は「別に何とも思っていません。今日はチームがすごくいい勝ち方をしていたので。すごく良かったですね。それだけ。(明日は)どうなるか分かりませんが、また明日も試合があるので。頑張ります」と話した。代打を送られる荒療治を打撃復活のカンフル剤としたいところだ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6/27(月) 22:36

Full-Count