ここから本文です

トップレベルのテクニックを持つのになぜ? エジルにだけはPKを蹴らせてはならない理由とは

theWORLD(ザ・ワールド) 6月27日(月)22時20分配信

PKの失敗が目立つエジル

ドイツ代表MFメスト・エジルといえば、常に冷静で安定感あるプレイを保証でき、なおかつ世界トップレベルのテクニックを誇るスーパースターだ。ドイツ代表の中でもテクニックはトップレベルで、誰1人としてエジルの能力を疑ってはいないだろう。

しかし、英『METRO』はPKを蹴らせるのだけはやめておいた方がいいと主張する。エジルは26日のEURO2016決勝トーナメント1回戦のスロバキア代表戦でPKを相手GKに完全に読まれてしまい、追加点のチャンスを逃してしまった。

技術を考えればエジルがPKを担当するのは何の不思議もないことだが、エジルはPKを苦手としている選手だ。エジルは所属するアーセナルでも何度かPK を失敗しており、2013-14シーズンのチャンピオンズリーグではバイエルン戦でドイツ代表の同僚マヌエル・ノイアーに完璧にストップされ、さらに同じシーズンのマルセイユ戦でもスティーヴ・マンダンダにストップされている。

同メディアによると、エジルは今回のスロバキア戦の失敗を含めると直近4回のPKのうち3回も失敗している。さすがにこれは多すぎる。

アーセナルにはPK職人でもあるサンティ・カソルラがいるために出番が回ってくる機会が少ないが、ドイツ代表でも誰か別の選手に任せた方がいいのかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月27日(月)22時20分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。