ここから本文です

ついに覚醒したドラクスラー、「今まで一番か二番くらいの出来」

theWORLD(ザ・ワールド) 6月27日(月)23時30分配信

スタメンに定着か

ドイツ代表にとって心強い選手が現れた。

26日、EURO2016ラウンド16、スロバキア戦で最も輝いたのは左サイドで先発したユリアン・ドラクスラーだ。ここまでクラブでは違いを見せてきたものの、代表ではその才能が鳴りを潜めていた同選手。しかしこの試合ではついに覚醒し、1得点1アシストの活躍でマンオブザマッチにも選ばれている。試合後のコメントを独『Sport Bild』が伝えた。

「チームを助けられてうれしいよ。僕の代表キャリアで一番か二番くらいの出来だったと思う。監督は常に自信を与えてくれていたし、どんどんリスクを冒して1対1を仕掛けろと言ってくれた。次の試合もまた出たいね。スペインもイタリアも強豪だし、どちらが上がってくるのか楽しみだよ」

ロイスが開幕直前に負傷離脱したことで左サイドが悩みの種になっていたドイツ。しかし残りの試合でもう悩むことはないかもしれない。

最終更新:6月27日(月)23時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。