ここから本文です

「レッドブルの復調は昨年の不振とフェルスタッペンの存在が助け」とリカルド

オートスポーツweb 6月27日(月)15時41分配信

 レッドブルのダニエル・リカルドは、2015年F1シーズンの不調を耐えたことで今シーズンのモチベーションが高まり、力を発揮する手助けになったと言う。 

2018年末までレッドブルとの契約を延長したと噂されるリカルド

 リカルドは2014年に3度の優勝を成し遂げ、当時チームメイトだったセバスチャン・ベッテルを上回る快挙を果たした。しかし2015年のレッドブル・ルノーはパフォーマンスに欠け、前年ほどの好成績は挙げられなかった。

 今季はチームの状況が好転している。モナコGPではピット作業のミスが響いて優勝を逃しはしたものの、リカルドの走りは素晴らしいものだった。リカルドは、この一件について「落ち着きを取り戻すまで数日を要する」と語ったが、その後はチームもミスを分析して前進を遂げている。

 2015年の苦境が後押しになったかと聞かれると、リカルドは以下のように答えた。

「間違いなくそうだね。毎シーズン学んではいるけれど、もっと多くを引き出したいと思っている。ハングリーでいるためには必要なことだ。うまくいかなければストレスにはなるが、それがマシンに乗っていて悪影響になるとは思わない。何かが起きると、それが僕からより大きな力を引き出してくれる」

 またリカルドは、ロシアGP後にダニエル・リカルドに代わって新たにチームメイトとなったマックス・フェルスタッペンも、彼とチームの背中を押す存在であると言う。

「マックスがいることで、素敵な状況が生み出された。お互いが背中を押しあっていて、チームは僕たちの組み合わせを喜んでいる。みんな非常に高い競争力を持っていて、それがチームをより強く、良い方向に導いている。2017年に強いマシンを得ることが、僕らの次のステップであることを願っている。いまの状況は、僕らを後押ししてくれていると思う。シャシーは信頼できるし、うまく機能していると感じる。マシンの信頼を取り戻し、モナコのときのような自信を持って、力を証明してみせる」

[オートスポーツweb ]

最終更新:6月27日(月)15時41分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]