ここから本文です

2017年のF1は18戦に縮小か。エクレストンが示唆

オートスポーツweb 6月27日(月)17時43分配信

 F1商業面を取り仕切るバーニー・エクレストンが、来年はいくつかのグランプリがカレンダーから外れ、開催レース数が減るかもしれないと発言した。また、今後ますますヨーロッパ以外の開催国が増えていくことになるとも述べている。

アゼルバイジャン バクー・シティ・サーキットを走るフェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)

 ロシアのRBCからの情報としてF1iが伝えたところによると、エクレストンは2017年のレース数は18戦に減る可能性があると述べたという。今年はF1史上最多の21戦が開催される。

「ひとつかふたつの(ヨーロッパの)国が(F1カレンダーから)除外されることになるはずだ」とエクレストン。

「どの国かということはお話しできないが、新しい国が世界の別のエリアから加わることになるだろう。ヨーロッパではなくね」

「F1はヨーロッパの選手権ではない。世界選手権なのだ」

 エクレストンは、ドイツGP、イタリアGP、カナダGPが危機に瀕しているとThe Timesに対して発言している。
 
 去年はメキシコGPが復活、今年はアゼルバイジャンでF1が初開催され、ヨーロッパ以外での開催が増えつつある。しかし開催地域を広げるなかで、韓国、インド、トルコとカレンダーから脱落していったグランプリもある。これに関してはエクレストンは「私のせいではない」と述べた。
「私がレースを主催しているのではない。ファンを引き付けるのは彼ら(主催者)の仕事だ」

[オートスポーツweb ]

最終更新:6月27日(月)17時46分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。