ここから本文です

フェラーリ、今季F1マシンの開発中止は「ありえない」と断言

オートスポーツweb 6月27日(月)17時40分配信

 フェラーリのチーム代表マウリツィオ・アリバベーネによれば、今年彼らはメルセデスを射程距離内にとらえており、早期に来年のマシン開発に専念するというのは「ありえない」判断だという。

 フェラーリは2016年シーズン開幕から8戦のうち7戦でポディウムに上がっているが、まだ優勝は一度も記録していない。
 2017年からはテクニカルレギュレーションが大きく変わる。これを「序列」に変動を起こす絶好のチャンスととらえて、一部のチームではマシン開発の主眼を来季の新車に移し始めている。だが、フェラーリは今年のクルマをより速くするための努力を続けると、アリバベーネは述べた。

「まだメルセデスとの間にはギャップがあるものの、それほど大きく離されているわけではない。そうした状況の中で、来年の準備に専念することなどありえない。私たちに必要なのは、むしろ今年のクルマの開発に力を入れることだ」

「私たちの弱点と思われる部分に焦点を合わせて、その改善に取り組んでいく。それが今後私たちがやろうとしていることだ」

 フェラーリは、すでに28のエンジン開発トークンを使っており、今年の分はあと4つしか残っていない。アリバベーネは、エンジン面でのチームの進歩には満足していると述べるいっぽうで、シャシーセットアップの問題を解決する必要があることを強調した。

「カナダで確かめられたように、エンジンはフェラーリの長所と言ってもいいレベルに達したようだ。だが、他の領域では、まだやるべきことがある。このクルマには、セットアップの変更に敏感すぎるという問題があるんだ」

「レースペースは悪くなかったし、バクーでの週末にセットアップの問題に集中的に取り組んで、さらに良くなった。それでもまだ十分とは言えないが、私が心配しているのはこの問題だけだ。バクーで見た限りでは、ふたりのドライバーはどちらも素晴らしい仕事をしていた。とにかくクルマに関しては、今後も改善していく必要がある」

[オートスポーツweb ]

最終更新:6月27日(月)17時43分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]