ここから本文です

H ZETTRIO 新たなツアー開催&新アルバム発売決定! H ZETT Mの約1年ぶり独演会も

Billboard Japan 6月27日(月)14時50分配信

 最近、お茶の間にまでその名が浸透し始め、バンドとしての進化が著しいH ZETTRIO(エイチ・ゼットリオ)。全国51公演を繰り広げている全国ツアーのセミファイナルが、6月24日に横浜Bay Hallにて行われた。

その他 ライブ写真一覧

 ライブは、序盤から「Beautiful Flight」、「晴天-Hale Sola-」とキラーチューンを披露し、これでもかというほど攻めのセットリストにオーディエンスのボルテージが最高潮に達した。中盤「ダイナミックにとろけて」では、曲に合わせて“Z”の文字の形を両手で作るシーンがあり、多くの観客が“Zポーズ”を頭上に掲げ、すでにH ZETTRIOのライブの楽しみ方が浸透していることが伺える。また、本編ラストブロックでは、チャリティーイベント「マカロンデー」を盛り上げるため、オリジル曲として書き下ろした新曲「夢と希望のパレード」を初披露した。

 アンコールでは、この日に発表したニューアルバムのタイトル曲「PIANO CRAZE」を初披露。ライブを通して3人の息の合った絶妙な曲が並び、目が離せないスリリングな楽曲構成をオーディエンスは息を飲むように見入り、新たなH ZETTRIOサウンド誕生の瞬間を目撃したようだった。そしてラストは「Dancing in the mood」「Wonderful Flight」で、最後まで気の抜けないステージで締めくくった。

 常に新しい事に挑戦し続け、ユニークで思わず身体が動いてしまう“ピアノトリオサウンド”で老若男女問わず、幅広い層のオーディエンスを魅了している彼ら独自の音楽は、メジャーからマニアックインストまでへと、更なる広がりを見せているようだ。今回の全国ツアーも残すところ、7月10日の沖縄公演のみとなったが、これに先駆け、9月7日に3枚目となるニューアルバム『PIANO CRAZE』のリリース発表という、ファンが待ち望んでいた嬉しいニュースが飛び込んできた。今作は、年明け早々からWEB限定でリリースされたシングル8曲(一部MIX違い)に未発表曲3曲を加え、ボーナストラックが異なる2タイプのパッケージでリリースされる。

 さらに、このアルバム名を冠したツアー【PINANO CRAZE Next step!】が早くも10月から開催される事も決定。“笑って踊れる”ライブパフォーマンスを是非会場で堪能してほしい。また、H ZETT Mがたった一人でステージに立つ【ピアノ独演会 2016】も、同時期に東京と北海道のホールで行われる。約一年ぶりに待望の開催となるピアノ独演会なので、こちらも要チェックだ。



◎◎【H ZETTRIO TOUR『PIANO CRAZE Next step!』】
10月2日(日)東京・渋谷 CLUB QUATTRO
OPEN 16:00 / START 17:00
11月4日(金)愛知・名古屋 CLUB QUATTRO
OPEN 18:00 / START 19:00
11月5日(土)大阪・梅田 CLUB QUATTRO
OPEN 16:00 / START 17:00
11月13日(日)福岡・小倉 LIVE SPOT WOW!
OPEN 16:00 / START 17:00
11月19日(土)北海道・札幌 Sound Lab mole
OPEN 16:00 / START 17:00

◎【H ZETT M 『ピアノ独演会 2016』】
<八十八鍵 秋の陣>
9月28日(水)東京・草月ホール
OPEN 18:00 / START 19:00
<秋の音楽会の陣>
10月23日(日)北海道・由仁町文化交流館ふれーる
OPEN 18:00 / START 18:30
チケット:7/16(土)一般発売
※詳しい情報はオフィシャルサイトにて

◎アルバム『PIANO CRAZE』
2016/9/7 RELEASE
[EXCITING FLIGHT盤] APPR-3013 3,000円+税
ボーナストラック:「炎のランニング」ライブ音源
[DYNAMIC FLIGHT盤] QECW-1006 3,000円+税
ボーナストラック:「ダイナミックにとろけて」ライブ音源

最終更新:6月27日(月)14時50分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。