ここから本文です

山田哲人の“超高出塁率”で昨季覇者・ヤクルトが巻き返す

ベースボールキング 6月27日(月)11時45分配信

過去10年でもトップに迫る四球数と出塁率!

 山田哲人(ヤクルト)のバットから快音がやまない。現在、打率、本塁打、打点の3部門でリーグトップを独占し、2004年の松中信彦(ダイエー)以来の三冠王誕生が現実味を帯びてきている。ただ、山田のすごさは打撃主要3部門に限ったものではない。ここまで、盗塁、得点、四球、出塁率、長打率など、その他の多くの打撃指標においても、山田は首位に君臨する。もはや、三冠王どころの話ではない。

 ただ、野球が得点を競うゲームである以上、なかでも注目したいのが得点だ。山田の得点は現在64。田中広輔、丸佳浩、菊池涼介ら打線好調の広島勢を抑えてリーグトップである。山田が昨季途中までのようにトップバッターであればそれも納得であるが、今季の山田は全試合でクリーンアップを務めている。

 にもかかわらず得点でもトップに立っている理由は、本塁打で自ら生還するケースが多いこともあるが、なによりも、高い出塁率にある。山田の出塁率は、2位・坂本勇人(巨人)の.410を大きく引き離す.450。昨季も出塁率.416を記録してリーグトップだったが、そこからさらに大きく飛躍している。ただ、ここまでの打率.332は昨季の.329と大差はない。当然、四球の数が激増しているということである。

 山田はもともと四球を選べる選手だ。昨季もリーグ3位の81四球を選んでいる。ところが、今季は75試合ですでに58四球。2位の鳥谷敬(阪神)の49に、これまた大きく差をつけている。これは、シーズン143試合に換算すると110四球。なんと、昨季より30近くも多くの四球を選ぶ計算となるのだ。

 この110四球、出塁率.450という数字がいかに優れているかは、過去の成績と比較すれば一目瞭然だ。2006年~2015年の過去10シーズン、セ・リーグの規定打席到達打者のなかでこの数字を上回ったのは、121四球を記録した2007年のウッズ(中日)、そして、出塁率.455を記録した2013年のバレンティン(ヤクルト)のみ。ちなみに、2013年は、バレンティンがプロ野球史上初の60本塁打を記録したシーズンだ。それに迫る数字を残しつつある山田の成績が、いかに図抜けたものか分かるだろう。

1/2ページ

最終更新:6月27日(月)11時45分

ベースボールキング