ここから本文です

涼やか夏色和傘 金沢の工房で制作

北國新聞社 6/27(月) 3:08配信

 26日の石川県内は未明から明け方に雨が上がり、午後を中心に晴れ間が広がった。最高気温は小松25・9度、金沢25・7度、七尾25・2度と3カ所で夏日となった。

 金沢市千日町の松田和傘店では、夏本番を前に晴雨兼用の和傘の制作が進められている。白地の和紙にテッセンやサクラ、ユリなどの絵柄が手描きで施され、工房に涼やかな雰囲気が広がった。

 松田和傘店では7月1日、2代目の松田弘さん(92)の次男重樹さん(57)が3代目を襲名する。金沢和傘の職人として伝統の技を受け継ぐ重樹さんは「持つ人の魅力を引き立てる和傘を作っていきたい」と意欲をにじませた。

北國新聞社

最終更新:6/27(月) 3:08

北國新聞社