ここから本文です

リオ行きへラストチャンス…伊東純也、自慢のスピードで“狭き門”に挑む

SOCCER KING 6月27日(月)11時10分配信

 ここでアピールできなければ、U-23日本代表に生き残る道はない。MF伊東純也(柏レイソル)は「しっかりアピールしたい」と覚悟を決めている。

 U-23日本代表が29日に開催されるU-23南アフリカ代表戦に向けて、26日から松本市内で合宿をスタートさせた。本大会に臨むメンバー18名の発表は7月1日に予定されているため、この試合はメンバー入りへ最後のアピールの舞台となる。オーバーエイジの3選手はすでに内定。伊東も残り15枠を懸けた戦いに闘志を燃やす一人だ。

 これまでもアピールの場がなかったわけではない。初めて手倉森ジャパンに招集されたのは昨年11月の神奈川合宿。最終日に行われた湘南ベルマーレとの練習試合では、自慢のスピードとドリブルを披露した。「このチームでもっとやりたい。選ばれたい気持ちはあります」。実際に代表を肌で感じたことでその欲はさらに高まったが、アジア最終予選メンバーには選ばれず、今年5月の佐賀合宿で再び招集されるもケガで離脱した。

 そして、手倉森誠監督はこのタイミングで再びチャンスを与えた。「自分の特長であるスピードを出したい。サイドでの仕掛けだったり、自分の得意なプレーを出していきたいです」と伊東は意気込む。

 スピードを生かすためには周りとの連係が重要になってくる。初招集時の湘南戦では「何回か、(ボールを)出してくれればと思った」と自分の欲しいタイミングで味方からパスが出てこず、もどかしさを感じる場面があった。手倉森監督は本大会のメンバー選考において、「人と人とが絡んだ時のパワーの出方を考えないといけない。どの組み合わせ、どのグルーピングが最大パワーを持てるのか」と個の能力以上に、集団としての能力を向上できるかどうかを重視。伊東にとっては、南アフリカ戦でいかに周囲との連係を高められるか、つまり誰と組んでも圧倒的なスピードとドリブルで仕掛け、相手の脅威になれることを証明する必要がある。

 伊東の武器はスピードだけではない。今季、ヴァンフォーレ甲府から柏へ移籍した伊東を待っていたのは、右サイドバックへの転向だった。昨年までは主にFWでプレーしていたが、今年に入ってからはサイドバック、サイドハーフを経験。伊東は「代表になると一つのポジションができるだけではダメだと思う。複数(のポジション)をできることはプラスになるし、どこでも自分の強みは出せる」とプレーの幅を広げたことで、新たな自信を手にした。そのユーティリティ性は、本大会に向けて「2つのポジションができる選手がいなければならない」と常々口にしてきた指揮官が注目しないわけがない。

 自らの本領を十分に発揮し、ラストチャンスをモノにできるか。若きスピードスターが狭き門に挑む。

SOCCER KING

最終更新:6月27日(月)21時3分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]