ここから本文です

ユーヴェ、21歳のクロアチア代表FWに興味…ユーロでも3試合に出場

SOCCER KING 6月27日(月)17時54分配信

 ユヴェントスが、ディナモ・ザグレブに所属するクロアチア代表FWマルコ・ピアツァの獲得に関心を強めていることがわかった。イタリアメディア『Sky』が26日に報じている。

 同メディアによると、ユヴェントス側がピアツァの代理人に対して情報を求めたと伝えられている。移籍金は1600万から1700万ユーロ(約17億9000万円から19億円)が必要とされ、日本代表FW本田圭佑が所属するミランも獲得に関心を抱いているものと見られる。

 ピアツァは1995年5月6日生まれの21歳。2014年にロコモティヴァからディナモ・ザグレブに移籍し、クロアチア代表として10試合のキャップ数を誇る。現在フランスで行われているユーロ2016のクロアチア代表メンバーにも選出され、途中出場を中心に3試合に出場。0-1で敗れた決勝トーナメント1回戦のポルトガル代表戦では、延長からの出場ながらチャンスを作り、非凡な才能を存分に示した。

SOCCER KING

最終更新:6月28日(火)13時41分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。