ここから本文です

南ア戦控えるU-23代表、合宿2日目の練習を実施…中島、室屋らが合流

SOCCER KING 6月27日(月)20時15分配信

 U-23日本代表は27日、U-23南アフリカ代表戦に向けてトレーニングを実施した。

 合宿2日目は、前日に試合があったFW中島翔哉(FC東京)やDF室屋成(FC東京)、MF矢島慎也(ファジアーノ岡山)ら7名が合流。日本オリンピック委員会の派遣手続きを行うため不参加だったDF松原健(アルビレックス新潟)を除く20名がピッチで汗を流した。

 前日にリカバリーメニューをこなした選手たちは、軽いランニングの後にボールを使ったトレーニングへと移行。左足股関節の違和感を訴え、初日は大事を取ったDF亀川諒史(アビスパ福岡)も練習に参加し、フォーメーションの確認やシュート練習を中心に取り組んだ。左肘のじん帯を損傷しているMF遠藤航(浦和レッズ)は別メニューを消化。合流したばかりの7名は疲労回復を目的とした軽めのメニューで調整を行った。

 29日の南アフリカ戦は、リオデジャネイロ・オリンピック前に行われる国内ラストマッチとなる。その後、7月1日に本大会へ臨むメンバー18名が発表される予定。オーバーエイジ枠3名はすでに内定しており、リオ行きへ生き残りを懸けた大事な試合になる。

SOCCER KING

最終更新:6月27日(月)20時15分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合