ここから本文です

[EURO]アザールが1ゴール1アシスト! 役者揃いのベルギーが4発快勝でウェールズとの準々決勝へ

ゲキサカ 6月27日(月)5時51分配信

[6.26 EURO決勝トーナメント1回戦 ハンガリー0-4ベルギー トゥールーズ]

 EURO2016は26日、決勝トーナメント1回戦を行った。ベルギー代表はハンガリー代表と対戦し、4-0で勝利。準優勝を果たした1980年大会以来の8強入りを決めた。

 E組2位通過のベルギーは、前節スウェーデン戦から1人変更し、MFドリース・メルテンスが今大会初先発となった。一方でF組首位通過のハンガリーは当初、MFラースロー・クラインハイスラーが先発に名を連ねていたが、ウォーミングアップ中に負傷し、MFアダム・ピンテールが急きょ先発に。その結果、前節のポルトガル戦からDFタマシュ・カダル、MFアダム・ナギを含めた3人の変更となった。

 試合は戦前の予想通りベルギーが主導権を握る。前半10分、左サイドで得たFKからキッカーのMFケビン・デ・ブルイネが精度の高いボールを送ると、DFトビー・アルデルワイレルトがヘッドで合わせ、先制のゴールネットを揺らす。同35分にはPA手前やや右で獲得したFKをデ・ブルイネが直接狙う。壁の上を越えたシュートが枠を捉えたが、GKガーボル・キラーイの左手に当たってクロスバーを叩いた。

 ハンガリーは自陣でボールを回す時間が長く、ボール支配率こそ高かったが、なかなかチャンスを作ることができない。前半39分にはピンテールのパスを受けたFWゲルゲ・ロブレンチチュが思い切りよく右足ミドルシュートを放ったが、ゴール上へ。同41分にもPA右からMFバラージュ・ジュジャークが左足シュートもゴール右に外れ、前半のうちに追いつくことはできなかった。

 後半開始からFWゾルターン・ゲラに代えてMFアコシュ・エレクを投入したハンガリー。同23分、ピンテールが左足ミドルを放つと、相手DFに当たってゴールに飛んだが、GKティボー・クルトワの好セーブに阻まれる。同24分には左サイドのFKをPA右で受けたDFロランド・ユハースが鋭いシュートを放つも角度はなく、枠を外れた。

 後半は押し込まれる時間が続いたベルギーだったが、10番がキレ味鋭いドリブルから相手を翻弄し、得点を演出する。同33分、右CKから逆サイドまで流れたボールをアザールが胸で受け、左サイドを縦に突破して中央に折り返す。中央でフリーとなっていた途中出場のFWミヒー・バチュアイが難なく右足で流し込み、追加点。直後の同35分にはカウンターからアザールが右足シュートをゴール右隅に流し込み、3-0と一気にリードを広げた。

 ハンガリーも後半38分にPA中央からFWアダム・シャライが反転シュートを放つなど最後まで諦めない姿勢を見せたが、優勝候補ベルギーの守備を崩すことができず。逆にベルギーが同アディショナルタイム1分、MFラジャ・ナインゴランのスルーパスからMFヤニック・フェレイラ・カラスコがダメ押し。4-0で快勝したベルギーは準々決勝に駒を進め、7月1日にFWガレス・ベイルを擁するウェールズ代表と対戦する。

最終更新:6月27日(月)5時55分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]