ここから本文です

<仮面ライダーゴースト>ネクロムの新たな武器・ガンガンキャッチャーが玩具に

まんたんウェブ 6月28日(火)10時30分配信

 特撮ドラマ「仮面ライダーゴースト」(テレビ朝日系)に登場する仮面ライダーネクロムの新たな武器の玩具「眼魂装填DXガンガンキャッチャー」が、バンダイから発売されることが分かった。ゴーストアイコン「DXコロンブスゴーストアイコン」「DXナイチンゲールゴーストアイコン」とセットで、価格は5508円。バンダイの公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」の限定商品で、7月11日午後11時まで予約を受け付けており、10月に発送予定。

【写真特集】格好いい… ガンガンキャッチャーを再現

 「ガンガンキャッチャー」は、仮面ライダーネクロムが26日放送の第37話から使用している武器。玩具は、トリガーを引くと、ロッドモードでは打撃音、銃モードでは銃撃音が発動する。付属の「DXコロンブスゴーストアイコン」「DXナイチンゲールゴーストアイコン」を装填(そうてん)するとオリジナルの変身音が鳴る。

 「仮面ライダーゴースト」は、平成仮面ライダーシリーズ17作目。異世界の怪人・眼魔(がんま)の手によって一度は命を失った天空寺タケルが、仙人の不思議な力により仮面ライダーになる力を授けられ、仮面ライダーゴーストとして復活し、完全に生き返るため、集めれば願いがかなえられるという“偉人”のアイコンを求め、戦いに身を投じていく姿を描いている。

最終更新:6月28日(火)10時30分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。