ここから本文です

西内まりや タカガールアンバサダー就任を「地元の友達に自慢したい」

リアルライブ 6月28日(火)10時12分配信

 女優で歌手の西内まりやが27日、東京ドームで「タカガールアンバサダー」就任会見を行った。

 タカガールとは福岡ソフトバンクホークスの女性ファンの愛称で、その代表に抜擢された西内は「福岡出身として嬉しいです。地元の友達にもタカガールが多いので自慢したい」と話した。

 西内の実家からヤフオクドームは徒歩で5分程度の距離にあるということと、親が鷹党だったおかげで、根っからのタカガールとのこと。「4、5歳のころから観戦してました。ドームに行ってラッキーセブンの時に風船を上げるのが楽しみでした」と笑顔見せた。また、今シーズンは同チームが好調だということで、「選手のみなさんに負けないくらい熱い思いで3連覇を目指したい」と意気込みを語った。

 同会見には球団から内川聖一と、柳田悠岐も参加。内川は「僕に対して若い女性から声援が来ることはないので、何で呼ばれたのかな」と柳田の方をにらみ笑いを誘う場面も。先輩からプレッシャーをかけられた柳田は「女の子がいっぱいいても、浮かれないように頑張ります」と汗をかきながらコメントした。

 なお、西内は同日に行われた福岡ソフトバンクホークスVS千葉ロッテマリーンズの試合前に始球式も行った。(斎藤雅道)

最終更新:6月28日(火)10時12分

リアルライブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。