ここから本文です

『トップガン』のケリー・マクギリス 不法侵入者に襲い掛かられる

シネマトゥデイ 6月28日(火)5時0分配信

 映画『トップガン』の女性教官役で知られるケリー・マクギリスが、自宅に不法侵入した女に襲い掛かられたとFacebookで明かした。

【写真】『トップガン』のケリー・マクギリス

 それによると、ケリーは6月17日(現地時間)にノースカロライナ州ヘンダーソンにある自宅に戻ったところ、家の電気が付いており、玄関の鍵が開いていたという。家に入ると見知らぬ女がキッチンにおり、誰かと聞くと、あなたにTwitterでストーキングされている人間だと答えたという。

 ケリーはこの女と面識はなく、何を言っているのかも理解できなかったため、家の外に逃げようとしたところ襲い掛かられたとのこと。地面に押し倒されたケリーは殴られ、ひっかき傷を負ったという。もみ合う中、ケリーは助けを求めて叫んだが、在宅中だった隣人は出てこず、ケリーは車を運転して逃げ、ほかの車の運転手を呼び止めて警察を呼んでもらったらしい。

 TMZ.comによると、現場に到着した警察はローレンス・マリー・ドーンを強盗、窃盗、ストーキング、脅迫と暴行、および緊急通信の妨害容疑で逮捕したという。

 ケリーはひっかき傷とあざはできたものの、大きなけがはないとのこと。自分の身を守るため、すぐに拳銃の携帯許可証を入手し、射撃練習も行ったという。今後は必ず自宅のアラームをオンにして出かけるとも言っている。(澤田理沙)

最終更新:6月28日(火)5時0分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。