ここから本文です

蔡総統、パラグアイ訪問 空港やホテルで多くの市民が歓迎/台湾

中央社フォーカス台湾 6/28(火) 12:40配信

(パラグアイ 28日 中央社)就任後初の外遊として中南米を訪問している蔡英文総統は27日午後、中華民国(台湾)と正式な外交関係を持つパラグアイに到着した。空港では冷たい雨が降る中、関係者や民進党の党旗などを持った華僑ら数百人が歓迎。軍楽隊により両国の国歌が演奏された。

滞在中にはオラシオ・カルテス大統領と会談し共同声明を発表するほか、国会で演説を行う予定。新しい建物が完成した駐パラグアイ大使館では現地や海外メディアの取材を受けるとしている。

蔡総統の訪問に際し、現地紙は紙面を大きく割いて動向を報道。宿泊先のホテルにも大勢の人が詰め掛けた。

(葉素萍/編集:齊藤啓介)

最終更新:6/28(火) 12:40

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。