ここから本文です

西内まりや 無念! ノーバン投球ならずリベンジを誓う

リアルライブ 6月28日(火)10時32分配信

 歌手で女優の西内まりやが27日、東京ドームで「鷹の祭典2016 in 東京ドーム」と銘打って行われた福岡ソフトバンクvs千葉ロッテマリーンズの試合前に始球式を行った。

 試合に先立ち、タカガールのアンバサダーに就任した西内は始球式前のセレモニーで自らが作詞作曲したタカガール応援ソング「輝け」を披露した。

 昨年はノーバン投球ならなかった西内、今年はリベンジを目指しマウンドに向かった。自信満々の表情でマウンドに立つとキャッチャーのサインに首を振りダイナミックなフォームで投げたまでは良かったが、一塁側に叩きつける暴投になってしまい思わずマウンド上に崩れ落ちる西内。ソフトバンクのマスコットハリーホークに慰められながらマウンドを降りた。

 西内は「悔しさを通り越しました」と苦笑い。「私の思いが乗りすぎて…。いつかキャッチャーのグローブまで届くように頑張ります」とリベンジを誓った。

最終更新:6月28日(火)12時11分

リアルライブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。