ここから本文です

これなら分かる!マンガで学ぶ経済

ZUU online 6/28(火) 6:30配信

経済を知りたい! そう思っていざ経済書を手にとりページをめくってみたものの、気が付いたらまぶたが重くなってくる……。そんな経験ありませんか。だったら、まずはとっつきやすいマンガから入ってみるといいかもしれません。

そこで今回は、「文系女子にも分かりやすい! マンガで学ぶ経済」ということで、編集部厳選のオススメ経済マンガを紹介をしていきたいと思います。

■不動産投資を学ぶなら『タカネの花』
(著:新久千映/監修:金森重樹)

あらすじ
「カネない女」と「モテない男」が繰り広げる痛快不動産投資ラブコメディー。

阿部依子(よりこ)、26歳、独身、年収500万。ごく普通の看護師だった依子は、保証人になっていた弟が逃げたことから、弟の借金2億4000万円を背負うことに。突然の不幸に身を投げようとしていたところ、同じく失恋で身投げしようとする幸田寛一郎に出会う。彼が依子に語った借金返済方法は「不動産投資」。3年間で完済できると言うが……。

『不動産投資の破壊的成功法』の著者として知られる金森重樹が監修を担当。読めば目からウロコの不動産投資コミックスです。

■株式投資を学ぶなら『新感覚投資コメディ・株に恋して』
(著:雄山スズコ)

あらすじ
株にハマったOL2人の株萌えライフが新鮮なこちらのコミック。株主総会、株主優待、リーマンショックにアベノミクス――と、株式投資で訪れる一喜一憂を面白おかしく描いています。

投資家である作者のリアルな体験談や「株主あるある」など、経験者なら誰でも笑えること間違いナシのネタが満載。ほか、株式用語集や株式解説、人気キャラクター「ハゲタカくん」のスピンオフなども多数収録しています。

■デイトレの世界に浸るなら=『ビリオネアガール』
(著:桂明日香/原作:支倉凍砂)

あらすじ
冴えない普通の男子大学生・高遠恵。アルバイトを探していた恵は、ある日遠い親戚から家庭教師バイトを紹介されます。1人暮らしの美少女・藤岡紫に数学を教えるだけで、時給はなんと1万円! 怪しさ満点とはいえ背に腹は替えられず、引き受けます。しかし、内気なひきこもり少女かと思っていた紫は、個人資産170億円の天才的デイトレーダーでした。住む世界がまるで違う彼女との出会いで、平凡そのものだった恵の日常が変わり始めます。

株や金融に詳しいラノベ作家・支倉凍砂(はせくら・いすな)が原作を務めるこの作品。テーマは「清く正しいお金持ちになる方法」だそうです。世間ズレした天才デイトレ美少女×普通の大学生のラブコメ展開を期待しつつ、株取引とお金の知識を勉強しちゃいましょう!

■会計の基礎と知識を学ぶ=『女子大生会計士の事件簿 公認会計士萌ちゃん』
(著:高野洋/原作:山田真哉)

あらすじ
原作は、『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』を著書に持ち、自身も公認会計士・税理士である山田真哉氏の100万部小説。実はこの「女子大生会計士」シリーズ、ドラマ化もされていて、マンガ化は2度目です。今回紹介するこちらは「週刊ヤングジャンプ」で連載されていたもの。

主人公の藤原萌実は、現役女子大学生で公認会計士。新米会計士補の柿本一麻とともに、監査先で出くわした数字にまつわる事件を、鋭い推理で読み解いていきます。実世界にあってもおかしくないような事件の数々には、きっとグイグイ引き込まれるはず。読み終わる頃には、経理や会計の基礎知識、専門用語などが思った以上に身に付いているかもしれません!

■たまには気分転換を

経済、金融、株式投資――ちょっと聞いただけでも堅苦しさは否めません。「難しそうだし勉強なんてしたくない」と思う方もいるでしょう。けれども、笑いながら、いつの間にか投資や金融の知識が身に付いていたら、ちょっと嬉しくないですか?

今回ご紹介したコミックは、マンガ作者や原作者が実際に投資家であったり、金融専門家である作品ばかり。一見トンだストーリーでも、一つ一つのエピソードはとてもリアルです。たまには、こうしたマンガで気分転換してみるのもいいかもしれませんよ。

ともモン
証券会社で19年勤務。証券外務員一級、ファイナンシャル・プランニング技能検定2級。得意分野は証券での資産運用と退職金の運用について。現在は一児の母として育児に奮闘中。

(提供:DAILY ANDS)

最終更新:6/28(火) 6:30

ZUU online

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。