ここから本文です

【UFC】レスナーと対戦のハント「1Rで終わる」

イーファイト 6月28日(火)11時43分配信

 7月9日(土・現地時間)ラスベガスで開催されるMMA(総合格闘技)団体UFCの200回記念興行『UFC 200』で対戦する元UFCヘビー級王者ブロック・レスナー(アメリカ)とマーク・ハント(ニュージーランド)。ビッグマッチまで2週間を切ったところで、両者が試合に向けて闘志を燃やしている。

【フォト】「UFC FIGHT NIGHT JAPAN 2014」マーク・ハントvsロイ・ネルソンの試合の模様

 現地メディアの取材に答えたレスナーは「俺は組んで戦うファイターで、ハントは強打者。俺がスタンドで勝負する場面もあると思うが、それを考えると興奮するよ」とハントとの打ち合いにも自信をのぞかせた。

 しかし、「ハントをグラウンドに引きずり込むことが出来たら試合終了だろう。俺のレスリング技術が試合の行方を左右するポイントになってくるはずだ」とも話し、やはりグラウンドで勝負したいようだ。

 一方、レスナーの発言を受けたハントは自身の公式サイトにコメント。「レスナーは覚えていた方が良いと思うが、俺は自分をテイクダウンしようとする相手と過去に何度も戦っている。それこそMMAを始めた頃からだから、もう慣れているよ」とテイクダウン対策に自信を見せた。

 さらに「テイクダウンしようとした時に、唇を観客席まで吹っ飛ばされないように気を付けた方が良いだろう」とレスナーに忠告。「いつも通りに自分の戦いをするだけだ。彼の顔面に俺の拳を叩き込めば勝負ありだろう。1Rで終わると思う」と勝利を予告した。

 グラウンドでの決着を狙うレスナーと打撃によるKOを狙うハント。異なるファイトスタイルを持つ二人、果たして勝利の行方やいかに。

最終更新:6月28日(火)11時43分

イーファイト