ここから本文です

<動画>キンコン梶原雄太、“芸人引退”の相方・西野亮廣にコメント 解散は…

まんたんウェブ 6月28日(火)21時41分配信

MANTAN

 お笑いコンビ「キングコング」の梶原雄太さんが6月28日、“芸人引退”を発表した相方の西野亮廣さんについてコメントした。梶原さんは「もう、彼が何しても驚かないです」といい、コンビ解散は「そういうことではない」ときっぱり否定した。

【写真】キンコン西野亮廣、“芸人引退”を表明

 西野さんは28日、「【お笑い芸人】キングコング西野、引退」というタイトルで公式ブログを更新。「お笑い芸人は本日をもって引退します。デビューから16年、本当にありがとうございました」とつづり、絵本作家に肩書きを変更することを発表した。

 それについて梶原さんは同日、東京都内で行われた新型エンタメショー「THE EMPTY STAGE 2016 SUMMER」のインタビュー現場で取材に応じた。梶原さんは、西野さんから「このたび絵本作家になった」と発表の3時間前にLINEで連絡が来たことを明かし、「西野が嫌われたりしているキャラクターでなければ、驚いたかも知れないですけれど。彼は、いろいろな言動が問題になったりしましたし、それを経てこれなんで、びっくりはしなかったですね」と驚かなかったという。

 コンビ解散はないと断言し、西野さんが絵本作家になったことで「ネタ合わせの時に『芸人ちゃうんやろ? 絵本作家やろ?』って(西野さんを)攻められる。それくらいかな。やることは変わらないと思う」と話した。そして西野さんに対して「どんどん暴れてください!」とメッセージを送った。

最終更新:6月28日(火)21時41分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。