ここから本文です

台湾鉄道全線でIC乗車券利用可能に 年間25時間の時間節約

中央社フォーカス台湾 6月28日(火)14時16分配信

(台北 28日 中央社)台湾鉄路管理局(台鉄)は28日、IC乗車券での乗車が全線で可能になったと発表した。乗客はよりスピーディーに利用できるようになり、同局は年間1人あたり25時間の時間節約になると見積もっている。

台鉄は同日、IC乗車券に対応していなかった最後の区間(花蓮・吉安から屏東・加禄までの35駅)で設備の設置を完了させた。

全線全駅で現在使用可能なチャージ式ICカードは、iPass(一カー通)、イージーカード(悠遊カー)など3種類。7月には新たに1種類が仲間入りする。(カー=上の下にト)

全線でのIC乗車券利用可能化に合わせ、優待キャンペーンも実施。IC乗車券を利用して台鉄を下車後、2時間以内に花蓮、台東地区のバスに乗り継ぐと、バスの運賃が割引になる。期間は8月31日まで。

(汪淑芬/編集:名切千絵)

最終更新:6月28日(火)14時16分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。