ここから本文です

<キンコン西野亮廣>“芸人引退”を表明 絵本作家へ肩書き変更

まんたんウェブ 6月28日(火)13時6分配信

 お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣さんが、お笑い芸人を引退し、絵本作家に肩書きを変更することを28日、公式ブログで発表した。西野さんは「【お笑い芸人】キングコング西野、引退」というタイトルでブログを更新し、「お笑い芸人は本日をもって引退します。デビューから16年、本当にありがとうございました」とつづっている。

【写真特集】キンコン西野“パクリ疑惑”に号泣?

 西野さんは、27日に放送されたバラエティー番組「EXD44」(テレビ朝日系)で、普段からSNSで西野さんに辛らつな意見を寄せる“ネット住民”と、実際に会って話し合うという企画に登場。現在、芸人としての活動と並行して絵本を描いている西野さんは「なぜ芸人なのに絵本を描いてるのか?」と手厳しく意見され、「絵本作家と言って、漫才をしたり、テレビに出たりするのはいいのでしょう?」と番組内で芸人引退を宣言。絵本作家に職業を変更することを表明していた。

 また、ブログでは「すでに事務所には届けを出して、プロフィールは『絵本作家』に変更させていただきました」としているが、「芸人を辞めたことを、まだ梶原くんに伝えていません。明日、言っておきます」と相方の梶原雄太さんには未報告であることも明かしているが、「梶原君との漫才をこれからも続けていきたい」としている。

最終更新:6月28日(火)18時22分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。