ここから本文です

【ベトナム】地場コーヒーがスタバしのぐ、東南アで唯一

NNA 6月28日(火)8時30分配信

 他の東南アジア諸国連合(ASEAN)諸国と異なり、ベトナムでは米スターバックスが最も人気があるコーヒーチェーンではないことが分かった。背景に地場チェーンの善戦がある。27日付VNエクスプレスが報じた。
 調査は、英フィナンシャル・タイムズ系のFTコンフィデンシャル・リサーチが昨年、ASEANのシンガポールを除く主要5カ国の消費者1,000人を対象に実施した。その結果、スターバックスの人気が1番でなかったのはベトナムだけだった。
 東南アジアでは、海外チェーンが拡大する地場チェーンとの競争を強いられているが、ベトナムではチュングエン、ハイランズなど地場チェーンがスターバックス進出以前に展開しており、これが調査結果に反映されたとみられる。
 例えばホーチミン市1区リートゥチョン通りの交差点のスターバックス店舗は、付近にある地場中堅チェーンのフックロン・コーヒーとの競争にさらされている。スターバックスの潜在的な客がフックロンに流れているという。

最終更新:6月28日(火)8時30分

NNA