ここから本文です

学術が目指すべき社会と人類の行く末 宇宙に生命を探すのはゴールではない

THE PAGE 6月28日(火)13時0分配信

 学術が目指すべき社会と人類の行く末を「フロンティア」と位置づけ、サイエンスとアートの役割について議論しようと、日本学術会議は6月27日、東京都内で公開シンポジウム「フロンティアを目指す、サイエンスとアート」を開いた。

 シンポジウムの冒頭、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の川口淳一郎シニアフェローは、フロンティアについて「『宇宙』や『深海』という狭い範囲での目的地ではなく、社会・人類の行く末も含めたもの」とし、アートについては「人工的な技量、技巧」であると位置付けた。

 シンポジウムは28日までの開催で、初日は、評論家の立花隆氏らが登壇した「アーカイブ論」、「ロボットは人間に代われるか?~介護と廃炉現場で見えたもの」、「地球外生命(1)人知は神の摂理(生命)を超えられるか」など、幅広いテーマのトークセッションが行われた。

欧米よりも遅れる日本のアーカイブ化

 「アーカイブ論」では、東京大学大学院情報学環の吉見俊哉教授が、「日本のデジタルアーカイブの現状には、4つの大きな問題がある」として、欧米よりもアーカイブ化が遅れている「ガラパゴス問題」、各組織でアーカイブ化を個別に進める「バラバラ問題」、方々で進みつつあるアーカイブ化の現状を俯瞰してとらえられない「宝のもちぐされ問題」、アーカイブの研究者や人材が職に困る「食べていけない問題」の4点を指摘した。

 国際高等研究所の長尾真所長は、「(国立国会図書館館長時代に)予算を獲得して250万冊の資料をデジタル化して使えるようにしたが、1000万冊はアーカイブ化しないとだめだと思っている。200万冊のアーカイブ化に150~200億円かかるので、1000億円を用意すればかなりのことができる」と実績を披露。

 続けて、「デジタル化する際に、著作権の問題などいろいろな制約があってオープン化がし難い。日本はもっとオープン化の努力が必要」と発言したのに対し、評論家の立花隆氏は「僕は、著作権がないと現実的に食っていけない」と異論を唱えた。モデレーターを務めた読売新聞の天日隆彦論説委員は、「アーカイブのフロンティアには特にお金の問題がある。アーカイブの問題にもっと目を向けて、議論を深めることが必要」とまとめた。

1/2ページ

最終更新:6月28日(火)13時24分

THE PAGE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]