ここから本文です

交通部、航空会社にスト時の対応策策定を指示/台湾

中央社フォーカス台湾 6/28(火) 17:05配信

(台北 28日 中央社)交通部(交通省)民用航空局は28日、チャイナエアライン(中華航空)やエバー(長栄)航空など9社に対し、ストが決行された際の対応策を講じるよう指示した。

台湾では24日、チャイナエアラインの客室乗務員らで構成される労働組合が勤務体系や賃金に不満だとしてストを決行。25日までの2日間で122便が欠航し、3万人以上の足が乱れた。

チャイナエアラインの子会社、マンダリン(華信)航空の労組が7月7日にストを計画しており、影響が懸念されている。

一方、チャイナエアラインでは地上職員を中心に結成される同社労働組合が待遇改善を求めて7月1日のストを示唆していたものの、28日に話し合いがまとまり、回避されることになった。

(汪淑芬、邱俊欽、陳葦庭/編集:齊藤啓介)

最終更新:6/29(水) 9:06

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。