ここから本文です

交通部、航空会社にスト時の対応策策定を指示/台湾

中央社フォーカス台湾 6月28日(火)17時5分配信

(台北 28日 中央社)交通部(交通省)民用航空局は28日、チャイナエアライン(中華航空)やエバー(長栄)航空など9社に対し、ストが決行された際の対応策を講じるよう指示した。

台湾では24日、チャイナエアラインの客室乗務員らで構成される労働組合が勤務体系や賃金に不満だとしてストを決行。25日までの2日間で122便が欠航し、3万人以上の足が乱れた。

チャイナエアラインの子会社、マンダリン(華信)航空の労組が7月7日にストを計画しており、影響が懸念されている。

一方、チャイナエアラインでは地上職員を中心に結成される同社労働組合が待遇改善を求めて7月1日のストを示唆していたものの、28日に話し合いがまとまり、回避されることになった。

(汪淑芬、邱俊欽、陳葦庭/編集:齊藤啓介)

最終更新:6月29日(水)9時6分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。