ここから本文です

aiko、アニメ映画「聲の形」主題歌を担当。「最近1日中気合いが入っています」

M-ON!Press(エムオンプレス) 6月28日(火)19時41分配信

aikoが、9月17日に公開されるアニメーション映画「聲の形」の主題歌を担当することが決定した。

「聲の形」は「週刊少年マガジン」にて2013年~2014年に連載された大今良時の漫画。「このマンガがすごい!2015」オトコ編第1位、第19回「手塚治虫文化賞」新生賞など数々の賞を受賞するなど幅広い層に支持され、全7巻の累計発行部数250万部を突破している大ヒットコミックス。このベストセラーコミックが、日本アカデミー賞優秀賞を獲得した「映画 けいおん!」(2011年)など、多くの作品を輩出し続けている京都アニメーションによりあらたにアニメーション映画として生まれ変わる。

aikoは自他ともに認める大の漫画好き。もともと原作の大ファンだったaikoが今回主題歌を担当することになり、「映画<聲の形>の主題歌のお話をいただき本当にびっくりしました! 私は<聲の形>の漫画が大好きで、読んだとき感動して、自分のライブのMCで1巻全部のストーリーを話してしまったほどなのです。なので、とてもうれしいのと同時に、この映画のそばにずっといられる歌をうたいたい! と強く思いました。最近1日中気合いが入っています、それが毎日続いています、大変ですがとてもとても幸せです! 本当にありがとうございます! うわぁああぁーーーーーーーー!!!!! やったーーーーーーーーーーー!!!!! すいません・・・取り乱してしもて。。。ぜひともよろしくお願いします!」と意気込みを語っている。

aikoが映画主題歌を担当するのは、2015年に公開された映画「先輩と彼女」以来。さらにアニメーション映画の主題歌を務めるのは2005年に公開された映画「あらしのよるに」以来11年ぶりとなる。

映画「聲の形」の監督はTVアニメ「けいおん!」で初監督を務め、「たまこラブストーリー」(2014年)にて文化庁メディア芸術祭 アニメーション部門新人賞を獲得した、京都アニメーションに所属する山田尚子。脚本には「ガールズ&パンツァー」など大ヒットシリーズを手掛ける吉田玲子を迎え、「映画 けいおん!」「たまこラブストーリー」以来のコラボレーションが実現した。

なお、楽曲のリリースに関する詳細などは未定となっている。

映画情報
「聲の形」
9月17日(土) 新宿ピカデリー他 全国ロードショー

リリース情報
2016.05.03 ON SALE
Blu-ray&DVD「ROCKとALOHA」

2016.05.18 ON SALE
ALBUM『May Dream』

aiko OFFICIAL WEBSITE
http://aiko.com

最終更新:6月28日(火)19時41分

M-ON!Press(エムオンプレス)