ここから本文です

【夏休み2016】外来魚のノーリリースに協力、びわこルールキッズ募集

リセマム 6月28日(火)17時15分配信

 滋賀県は、琵琶湖における外来魚問題とノーリリース(釣り上げた魚の再放流禁止)の周知・定着を図ることを目的に、夏休み期間に外来魚のノーリリースに協力してくれる「びわこルールキッズ」を全国の小・中学生を対象に7月1日より募集する。

外来魚駆除釣り大会 リーフレット

 滋賀県では、琵琶湖に昔からいる在来種の魚を守るため、ブラックバスやブルーギルといった外来魚を駆除する活動に取り組んでおり、夏休み期間中にこの活動に協力してくれる小・中学生を「びわこルールキッズ」として全国より広く募集している。特に、淀川流域の小・中学生には、琵琶湖の素晴らしさを知ってもらうとともに外来魚問題やノーリリースに関して知識を深めてもらいたいとしている。

 募集人数は1,000人で、個人・家族・団体での参加が可能。実施期間は7月21日から8月31日までで、期間中に琵琶湖を訪れて外来魚を釣り上げ、湖岸などに設置している外来魚回収ボックスや回収いけすに入れる活動を行う。期間中に釣り上げた外来魚の数により、滋賀県知事による表彰なども行われる。

 また、7月23日には大津港において「びわこルールキッズ登録会」を兼ねた「外来魚駆除釣り大会」を開催。えさ代として参加費1人100円が必要だが、釣りざおを無料で貸出しており、初心者でも楽しく釣りに参加できる。

 びわこルールキッズの応募は、外来魚駆除釣り大会の会場での受付のほか、7月1日より電話、FAX、メール、郵送にて受け付ける。応募は先着順での受付となり、先着700人にはオリジナルキャップもプレゼントされる。詳しい応募方法は滋賀県ホームページにて確認できる。

◆びわこルールキッズ
実施期間:7月21日(木)~8月31日(水)
対象:全国の小・中学生(個人、家族、団体での応募可)
定員:1,000人
応募期間:7月1日(金)より先着順にて受付
応募方法:滋賀県琵琶湖政策課へ電話、FAX、メール、郵送にて申し込む

◆外来魚駆除釣り大会
日時:7月23日(土)9:00~13:00
会場:大津港 浜大津アーカス前
参加費:1人100円(えさ代)

《リセマム 畑山望》

最終更新:6月28日(火)17時15分

リセマム