ここから本文です

【インタビュー】神木隆之介×宮藤官九郎 役者・長瀬智也との再タッグを語る

cinemacafe.net 6月28日(火)17時0分配信

不慮の事故で地獄にたどり着き、赤鬼・キラーKのロックバンドに加入するはめになった高校生・大助を描く『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』。宮藤官九郎監督と大助を演じた神木隆之介が、キラーKを演じた長瀬智也とのコラボレーションを語る。

【画像】『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』神木隆之介&宮藤官九郎

地獄でロックバンド「地獄図(ヘルズ)」を結成しているキラーKを演じた長瀬さんとは、ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」以来、数々のドラマや宮藤さんの映画監督デビュー作『真夜中の弥次さん喜多さん』で組んできている。以心伝心の域に達している。
「今回は本当にスムーズでしたね。キラーK仕様のギター制作やレコーディングもあったりして、クランクイン前に会う機会がいつもより多かったんです。そうすると長瀬君からもいろいろ意見が出てくるし、僕も『こうしてほしい』というのを言葉で伝えられたので、撮影が始まったときには、お互い共有できてる状態でした。撮影前に長瀬君から『鬼ってどれぐらい鬼の感じですか? 特殊メイクするぐらいの感じですか?』と聞かれて、いや、そうじゃないよと答えたら『僕だと分かる感じですか? じゃあ、まだ牙がフィットしてない感じとか、そういうのもありですかね』って(笑)、そのまま採用させてもらいました」。

撮影現場でも互いの意見を伝え合い、新たなものが生まれることもあった。
「そこで軌道修正できるんですよね。僕は僕で準備していたものがあって、こういうふうにしたい。でも、長瀬君がやってる方が面白いなと思ったら、そっちにしようかって。下準備がうまくできて、世界観が共有できてたからかなと僕は思ってます」。

神木さんは01年のドラマ「ムコ殿」以来、久々の長瀬さんとの再共演となった。「小学校以来で、最初は少し恥ずかしかったです。子どものときは全く何も考えずに演じていました。当時は長瀬さんは芝居の中でも普通に、僕に接してくださっていたのですが今回は役として向き合ってくださいました。長瀬さんは長瀬さんで、僕も僕で役づくりをして、それをぶつけ合うというのが、お互い新鮮過ぎて『恥ずかしかったよね』と話していました。だけど、一度共演させていただいたこともあって、呼吸をすぐに合わせることができたと感じています」。

キラーKは、地上では“近藤さん”という地味な男性だった。大助は現世でも地獄でも一貫して彼をなめてかかるが、長瀬さんと神木さんのテンポよく息の合ったやりとりは実に楽しい。
「近藤さんはキラーKっていう鬼になりたての、完成し切ってない状態で大助と会うんです。ちょっとまだぶれてるところが大助のキャラクターによって、引き出される。大助の鬼を怖がらないキャラクターが面白い。特に冒頭のシーンは思いましたね」と監督は言う。今回は特に、役者やスタッフから投げかけられる意外な発想を柔軟に取り入れたという。
「そうですね。言われた通りにやるだけの役者さんよりも好きですね。違ったら『違う』って言えるし、僕も。何か仕掛けてくるというか、逸脱したアイデアを持ってる役者さんとなら、いくらでもそういうことできると思います」。

最終更新:6月28日(火)17時0分

cinemacafe.net