ここから本文です

沖縄の長寿ラジオ番組、53年間出演した女優が卒業

沖縄タイムス 6/28(火) 18:50配信

 女優の北島角子さん(85)が27日、1963年の番組開始当初から53年間、出演していたRBCiラジオの長寿番組「民謡で今日拝なびら」を降板した。同日の放送で「長い間応援してくださったと思う。ラジオを聞いてくださる方は家族と同じ」と感謝した。
 同ラジオによると、北島さんは63年2月4日に放送を開始した「お国言葉で今日拝なびら」の第1回パーソナリティーを務め、67年に番組名が「民謡で今日拝なびら」に変わった後もレギュラー出演し、今年で54年目を迎えた。
 現在、番組は月曜から金曜日の午後4時から生放送している。北島さんは月曜と水曜日に出ていたが、3月から体調不良のため出演を見合わせていた。6月上旬に北島さんから降板の申し出があったという。
 最後の出演となった27日は、事前収録した約2分間のコメントを放送。北島さんはウチナーグチで「おしゃべりには、自分自身がそのまま出る。それが皆さんに受け止められたのかと思う」などと振り返った。
 番組で長年のパートナーだった上原直彦さん(77)は「頭がシャープで元気。残念な気持ちもあるが、自分の判断で区切りをつけたのは立派だ」と語り「電話すれば口は達者。あのキャラクターは、特別番組などで必要になる」と今後の出演などに含みを持たせた。共演者の八木政男さん(85)は「長い間一緒にやってきたから、さみしい」と惜しんだ。

最終更新:6/28(火) 19:10

沖縄タイムス