ここから本文です

出雲咲乃、三上博史主演ドラマの主題歌を担当「とても光栄」

音楽ナタリー 6月28日(火)10時0分配信

出雲咲乃が、7月7日(木)にスタートする読売テレビ・日本テレビ系ドラマ「遺産相続弁護士 柿崎真一」の主題歌を担当することが決まった。

このドラマは三上博史が遺産相続専門の弁護士・柿崎真一役を、森川葵が柿崎の下で働く新米弁護士役を演じる、1話完結型のヒューマンドラマ。出雲は脚本を読んで一晩で書き上げたという新曲「世界のしかけ」をこの作品に提供した。抜擢を受けたことについて、彼女は「とても光栄でした。遺産相続の物語と聞いて十代の自分には難しく感じていたのですが、このお話を通じて遺産には色んな感情や人間の人生が盛り込まれていると思えました。少し大人になったきぶんです(笑)」とコメントしている。

出雲咲乃 コメント
今回、主題歌に選んで頂いたと聞いてとても光栄でした。遺産相続の物語と聞いて十代の自分には難しく感じていたのですが、このお話を通じて遺産には色んな感情や人間の人生が盛り込まれていると思えました。少し大人になったきぶんです(笑)。私も大切な人や時間に何かを遺したいです。何にせよ手を抜かず、強い意志があれば視えている世界は自分で回せると思っています。「世界のしかけ」は私のそんな胸中とドラマの内容がうまく連結して出来た曲です。ヒロイン丸井華を演じる森川葵さんのファッションも楽しみです!

読売テレビ・日本テレビ系「遺産相続弁護士 柿崎真一」
2016年7月7日(木)23:59~以降毎週木曜日23:59~<出演者>三上博史 / 森川葵 / 酒井若菜 / 豊原功補 / and more

最終更新:6月28日(火)10時0分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。