ここから本文です

ファミコン、メガドラ、スーファミ、ゲームボーイなど、7種のレトロゲーム機を収録したサンプリング音源“Super Audio Cart”

ファミ通.com 6月28日(火)17時31分配信

文:編集部 ミル☆吉村

●実機から5500以上のサンプルを収録
 Impact SoundworksがOverClocked ReMixと共同開発した“Super Audio Cart”は、7機種のレトロゲーム機から5500以上のサンプルを収録したサンプリング音源。Native InstrumentsのソフトウェアサンプラーKontaktと無料版のKontakt Playerに対応し、Impact Soundworksのオンラインストアで149ドルで販売中だ。

 収録しているのは、ファミコン、スーパーファミコン、セガ・マスターシステム、メガドライブ、コモドール64、Atari 2600、ゲームボーイ。海外のゲーム音楽コミュニティであるOverClocked ReMixの協力により、実機からのサンプリングが行われている。しかも素の状態だけでなく、サーキットベンディング(基盤を弄る改造)したバージョンも入っているというこだわりぶり。
 音源は、同時に4レイヤーを使用可能。12種類以上のフィルターモードと、5種類のFXラック、ポリ・アルペジエーターなどを搭載しており、さまざまなモジュレーションをかけることもできる。

 サンプル曲を聞いた感じでは、レトロゲームオマージュの曲やチップチューンだけでなく、それらのテイストを入れた他ジャンルまで、いろいろ活躍できそう。なおリリースにあたっては、光田康典氏や古代祐三氏らが賞賛のコメントを寄せている。

最終更新:6月28日(火)17時31分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。