ここから本文です

海老蔵、善光寺スキャンダルは「あってはならない事」

デイリースポーツ 6月28日(火)10時28分配信

 善光寺の小松玄澄貫主(82)がセクハラ・パワハラ疑惑により無期限謹慎を強いられ、さらに辞任を求められていることについて、成田山新勝寺で得度を受けている歌舞伎俳優の市川海老蔵が28日、「あってはならない事」と公式ブログで残念がった。

 海老蔵は6月1日のブログで、得度を受けたことを報告。「心機一転。生まれ変わり生きる」と将来の出家も見据えている。

 そんな海老蔵だけに、今回のニュースには心を痛めているようだ。「生き仏と讃えられる方が 噂でも あってはならない事ですね…うーん 真実はどうなのか?善光寺様は好きなお寺だけに本当残念」と落胆した。

 小松貫主は職員にセクハラや差別的発言をしたとして善光寺大勧進の信徒総代が25日、総代会の議決を経て「生き仏と言われる僧侶にあるまじき行為。直ちに辞任を求める」とする勧告書を小松貫主に手渡した。

最終更新:6月28日(火)10時43分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。