ここから本文です

MAXのナナが解散危機告白できた「しくじり先生」に感謝

東スポWeb 6月28日(火)17時24分配信

 27日に放送された「しくじり先生 俺みたいになるな!!3時間スペシャル」(テレビ朝日系)に出演したMAXのナナ(40)が同日夜、自身のブログで同番組に感謝した。

 今年で結成21年となるMAXだが、2001年12月に事務所に呼び出されたメンバーにミーナが妊娠を告白、02年に“できちゃった婚”したことで「事務所より後で知らされた」「女の友情より自分の幸せを選んだ」とメンバー間の関係が悪化。ナナ、リナ、レイナは08年までの6年間、ミーナと絶縁していたこと、解散の危機にあったことも番組で明かした。

 ナナはブログで「今になって思いかえすと、あの時にもっと冷静な判断で、賢い生き方の選択もあったはずなのに、ぶつかり合い お仕事と割り切って表向きな付き合いが出来ない自分達にもどかしさも感じますが、不器用すぎて、もがきながらも続けていく事で答えを探す事を選んだ事は正解だったと胸をはって言えます」と振り返った。

 3人となったMAXは新メンバーのアキを迎えたが人気は下降。08年にはアキが脱退し、またも3人に。ここで事務所社長がミーナに連絡を取り復帰をうながしたことで、4人はデビューまでの苦労を思い出し、4人での再起を図ることになったという。

「きっとビジネス面から考えると、結果が出なければメンバーチェンジや解散もやむおえない状態の中、続けさせてくれた事務所の社長には感謝しています!!」というナナは、番組では「会って話せば仲直りできます」と、女同士のドロドロ関係もやり直しはできると訴えた。また長年のわだかまりを番組で吐き出せた開放感からか、ブログでは番組スタッフへの感謝も忘れなかった。

 現在はレイナが子供が小さく育休中だが、復帰を待ち続けるとして「目標は還暦MAX」とブログを締めた。

最終更新:6月28日(火)17時24分

東スポWeb